旅行業法は、

  • 旅行業を営むための条件
  • 旅行者と取引をするときの約束事
を定めている。

 

毎年同じまたは類似した問題が出題されるので、問題重視型の学習方法で勉強を進める。

第1篇 旅行業法記事一覧

学習ポイント第1条の旅行業法の目的における6つの項目を覚えること。第2編の「標準旅行業」は、旅行業法の規定が土台になっている。用語の定義をしっかりと把握して、旅行者、旅行業者、旅行サービス提供者、旅行業者代理業者、旅行サービス手配業者の違いを正確に覚えれば、確認テストはクリアできそうです。(目的)第一条 この法律は、旅行業等を営む者について登録制度を実施し、あわせて旅行業等を営む者の業務の適正な運...

学習ポイント旅行業の登録範囲と、それぞれの取り扱える業務の内容を理解する。登録の申請先は、第1種が官公庁長官、それ以外は主たる営業所の所在地を管轄する都道府県知事(登録行政庁)。登録の拒否事由(11項目)を理解する。旅行業に求められる基準資産額を暗記する。基本的に、条文レベルの問題が出題されます。下記事項を押さえておく。旅行業等は、旅行業及び旅行業者代理業をいう。旅行業等には、旅行サービス手配業者...

学習ポイント登録の有効期限があるのは旅行業のみ。旅行業者代理業の登録の失効事由を覚える。登録事項に変更が生じたときの申請・届出の内容を理解する。業務の停止は6か月以内の期間。登録行政庁が業務の停止、登録の取り消しをすることができる事由を理解する。変更登録を申請、登録事項の変更は届出、新規登録は申請等の、届出か申請かの文言を押さえておく。登録についての規定は、旅行業法でなく、旅行業法施行規則に規定さ...

学習のポイント営業保証金の供託があるのは旅行業者のみ。営業保証金の供託先は主たる営業所の最寄りの供託所。営業保証金は前事業年度における旅行業務に関する旅行者との取引額によって算定される。供託の届出をしなければ、事業を開始できない。営業保証金の追加供託供託と取戻しの事由を理解する。下記事項を押さえておく。営業保証金の供託はなぜ必要なのか?営業保証金と弁済業務保証金分担金の関係。営業保証金の追加の供託...

学習ポイント選任された旅行業務取扱管理者が管理・監督すべき職務(10項目)を覚える。旅行業務取扱管理者の選任の条件を理解する。(営業所ごとに1人以上、他の営業所との兼務は原則禁止)。旅行業務取扱管理者証と外務員証の共通点、異なる点を理解する。基本的に、テキスト本文レベルの問題が出題されます。下記事項を押さえておく。旅行業務管理者が管理・監督すべき10の職務を把握しておく。旅行業務管理者は標識の提示...

学習のポイント旅行業務の取扱いの料金は事業の開始前に定める(届出や認可などは不要)。約款の記載事項、旅行業約款と標準旅行業約款の違いを理解する。標識は4種類。それぞれの記載事項を確認する。料金、約款、標識の共通点、異なる点を整理する。基本的に、テキスト本文レベルの問題が出題されます。下記事項を押さえておく。 旅行業者は、事業の開始前に、旅行者から収受する旅行業務の取扱いの料金(企画旅行に係るものを...

学習ポイント契約の前に、旅行者に取引条件の説明をしなければならない。旅行業務に関する契約を締結したときは、書面(契約書面等)の交付が必要。各種書面の記載事項を確認し、それぞれの記載事項の共通点・相違点を比較・整理する。基本的に、テキスト本文レベルの問題が出題されます。下記事項を押さえておく。旅行の契約の締結前に交付する書面(取引条件説明事項)と、契約を締結したときに交付する書面(契約書面記載事項)...

学習のポイント企画旅行の募集広告には、「表示方法」と「表示事項」が定められている。誇大広告をしてはならない事項(8項目)を暗記する。旅行管理のための措置(4項目)と、国内企画旅行の場合の一部免除の条件を理解する。旅行管理業務を行う主任の者(企画旅行に同行する主任添乗員)の選任条件を理解する。上記学習ポイントを、テキスト本文で正確に覚えれば、確認テストはクリアできそうです。企画旅行の広告(募集型企画...

学習のポイント受託契約の仕組みを理解する。委託旅行業者(依頼側)と受託旅行業者(販売側)の関係を理解する。旅行業者代理業者は他の旅行業者と直接に受託契約を締結できない。受託契約において受託営業所を定めておかなければならない。。上記学習ポイントを押さえておく。テキスト本文を正確に覚えれば、確認テストはクリアできそうです。受託契約の仕組み受託契約とは、旅行業者間で行われ、他の旅行業者(委託旅行業者)の...

学習ポイント「禁止行為」の各項目を覚える。旅行業者等(旅行サービス手配者)の名義を他人に利用させる行為はいかなる場合も禁止。「業務改善命令」の各項目を覚える。罰金の対象となる行為を確認する。上記学習ポイントを押さえておく。テキスト本文を正確に覚えれば、確認テストはクリアできそうです。禁止行為(禁止行為)第十三条 旅行業者等は、次に掲げる行為をしてはならない。一 第十二条第一項又は第三項の規定により...

学習ポイント営業所ごとに旅行サービス手配業務取扱管理者を選任する。旅行業の登録があれば、旅行サービス手配業務に相当する行為を行うことができる。旅行サービス手配業務は他の者に委託できる(委託先は他の旅行サービス手配業者又は旅行業者に限る)。上記学習ポイントを押さえておく。海外旅行を取り扱う営業所においては、国内旅行業務取扱管理者試験に合格した者を旅行サービス手配業務取扱管理者として選任することができ...

学習ポイント「旅行業協会の業務」の5項目を覚える。。苦情の解決の対策には「旅行者からの苦情」だけでなく「旅行サービスを提供する者からの苦情」も含める。「社員」と「社員以外」の取扱いの違いを整理する。弁済業務保証金制度の概要を整理し、営業所保証金制度との共通点、異なる点を整理する。。上記学習ポイントを押さえておく。テキスト本文を正確に覚えれば、確認テストはクリアできそうです。旅行業協会の業務LESS...

LESSON1 旅行業法の基礎知識<用語>旅行サービス提供者と旅行サービス手配業者運送等サービスと運送等関連サービス所属旅行業者と旅行業代理業者所属旅行業者と受託旅行業者代理業者(14条の2、P83)受託旅行業者代理業者: 受託契約は旅行業者と他の旅行業者の間で結ばれるもので、旅行業者代理業者は、自らが、受託契約を締結することができない(14条の2、詳細はP83)通訳案内士手配旅行旅行業法の不思議...

トップへ戻る