旅行業法は、

  • 旅行業を営むための条件
  • 旅行者と取引をするときの約束事
を定めている。

 

毎年同じまたは類似した問題が出題されるので、問題重視型の学習方法で勉強を進める。

第2篇 第1章 標準旅行業約款記事一覧

学習ポイント旅行業約款の構成(全体像)を把握する。約款の適用範囲と条件を理解する。国内旅行は「本邦内のみの旅行」、海外旅行は「国内旅行以外の旅行」をいう。旅行契約の種類にかかわらず、手配の全部または一部を手配旅行に代行させることができる。標準旅行業約款とは標準旅行業約款とは、旅行業法に基づき、旅行会社と旅行者が交わす旅行契約に関し、観光庁および消費者庁が定めた約款のモデル。旅行会社は旅行業約款を定...

学習ポイント原則(通信契約でない場合)と通信契約による場合の相違点を比較・整理する。契約の成立時期を正しく理解する。契約書面と確定書面の関係、確定書面の交付時期(2種類)を正しく覚える。募集型、受注型の共通点と相違点を比較・整理する。企画旅行の定義(用語の定義)第二条 この約款で「募集型企画旅行」とは、当社が、旅行者の募集のためにあらかじめ、旅行の目的地及び日程、旅行者が提供を受けることができる運...

学習ポイント契約の変更は「契約内容の変更」「旅行代金の額の変更」「旅行者の交換」の3種類契約内容を変更する場合は、事前または事後の「説明」が必ず必要(省略不可)。旅行代金の額を変更できる3つのケースとそれぞれのポイントを整理する。過剰予約受付を原因とする旅行代金の増額は不可。契約内容の変更(契約内容の変更)第十三条 当社は、天災地変、戦乱、暴動、運送・宿泊機関等の旅行サービス提供の中止、官公署の命...

学習ポイント契約の解除には「旅行者からの解除」と「旅行業者からの解除」の2種類があり、さらに、それぞれ「旅行開始前の解除」と「旅行開始後の解除」がある。旅行者からの旅行開始前の解除の場合に取消料が不要となる項目を暗記する。旅行代金の払い戻し(2種類)を暗記する。旅行者の解除権(旅行者の解除権)第十六条 旅行者は、いつでも別表第一に定める取消料を当社に支払って募集型企画旅行契約を解除することができま...

学習ポイント旅程管理のためにおこなうべき業務を理解する。すべての企画旅行に添乗員が同行するわけではない。添乗員の業務時間は、8時から20時まで。旅行業者の故意・過失による損害が生じた場合の旅行業者への通知期限、損害賠償額を理解する。旅行者に求められている責任・義務を理解する。旅程管理旅程管理業務(旅程管理)第二十三条 当社は、旅行者の安全かつ円滑な旅行の実施を確保することに努力し、旅行者に対し次に...

学習ポイント旅程保証の概要を理解する。変更保証金の上限と下限、変更保証金の支払い期限を暗記する。免責事由に該当するとき、旅行者が契約を解除したとき、旅行者の故意・過失をともなう場合は変更保証金は支払われない。「」契約内容の重要な変更」の具体停を理解する。旅程保証とその内容(旅程保証)第二十九条 当社は、別表第二上欄に掲げる契約内容の重要な変更(次の各号に掲げる変更(運送・宿泊機関等が当該旅行サービ...

学習ポイント特別保証は旅行業者の故意・過失の有無にかかわらず適用される。「企画旅参加行中」の定義を理解する。補償金等の種類、額、適用方法を理解する。補償金支払いの対象になるもの、ならないものを理解する。特別保証と損害賠償の関係を正しく理解する。(特別補償)第二十九条 当社は、前条第一項の規定に基づく当社の責任が生ずるか否かを問わず、別紙特別補償規程で定めるところにより、旅行者が受注型企画旅行参加中...

LESSON1LESSON2 企画旅行契約の締結通常の契約と通信契約とでは、申込みの方法や契約の成立時期等について、異なる規定がある。(電話等による予約)第六条 当社は、電話、郵便、ファクシミリ、インターネットその他の通信手段による募集型企画旅行契約の予約を受け付けます。この場合、予約の時点では契約は成立しておらず、旅行者は、当社が予約の承諾の旨を通知した後、当社が定める期間内に、前条第一項又は第...

トップへ戻る