乗継割引とは

このLESSONでは、料金の計算についての説明なので、運賃の計算はしていない。

学習ポイント

  • 乗継割引の適用条件を正しく理解する。
  • 乗車日や利用する設備により特急料金が変動する場合は変動を反映させたあとで割引計算を行う。
  • 通過連絡運輸機関の料金は割引対象にならない。
  • JR九州内での乗継割引はない。。

乗継割引の対象になるもの・ならないもの

乗継割引の対象になる料金
JR参照

特急料金
急行料金および急行列車の座席指定料金
①②は小児は半額で、さらに乗継割引で半額。

割引の対象にならない料金

①グリーン料金、寝台料金
②普通列車(快速列車含む)の座席指定料金
③グリーン個室、寝台(2人用の個室及び一部列車)の特急料金
④特急(サフィール踊り子)の特急料金

 

乗継割引の種類

①新幹線と在来線の特急の乗り継ぎ
②寝台特急〔サンライズ瀬戸〕と四国内の特急の乗り継ぎ

乗継割引の計算

新幹線と在来線の特急の乗り継ぎ

乗継日

 新幹線から在来線への乗り継ぎ:同日中
 在来線から新幹線への乗り継ぎ:同日又は翌日中

乗り継ぎ駅
 JR参考

東海道・山陽新幹線の新横浜~新下関間の新幹線停車駅、
北海道新幹線の新函館北斗駅、
東北新幹線及び北海道新幹線の新青森駅、
上越新幹線の長岡駅・新潟駅、

 

北陸新幹線の長野駅・金沢駅、

 

大阪駅(新大阪駅で新幹線と乗り継ぐ場合に限る)、
坂出駅高松駅(坂出駅及び高松駅は岡山駅で新幹線と乗り継ぐ場合に限る)、
直江津駅(上越妙高駅に直通して運転する在来線の特急・急行列車に乗車し、上越妙高駅で新幹線と乗り継ぐ場合に限る)、または
津幡駅(金沢駅に直通して運転する在来線の特急・急行列車に乗車し、金沢駅で新幹線と乗り継ぐ場合に限る)で
新幹線から在来線の特急・急行列車にその日のうちに乗り継ぐ場合、在来線の特急・急行料金、指定席料金が半額になります。

 

在来線から新幹線へ乗り継ぐ場合は在来線の乗車日かその翌日でも割引になります。

 

大阪駅坂出駅高松駅は、いずれも新幹線の駅ではない。

 

LESSSON 7
JR北海道内の在来線特急には、繁忙期、閑散期の設定がない。
本州-北海道で列車を乗り継ぐときは、乗車日の指定席特急料金の変動に注意。

 

JR九州には、乗り継ぎ割引はない。

トップへ戻る