試験範囲

国内旅行業務取扱管理者試験試験は、科目1からか3までになります。

 

各科目100点の配点で、6割とれば合格と言われています。

 

科目及びテーマ ページ 攻略法
法規

200点

科目1 旅行業法 100点 19-108 問題重視型
科目2 約款 100点 109-264
国内

実務
100点

科目3 国内旅行実務 265-455
3-① 国内運賃・料金・実務 265-417 理論先行型
3-② 国内観光資源 419-455 日常的学習型

国内旅行業務取扱管理者試験記事一覧

旅行業法は、旅行業を営むための条件旅行者と取引をするときの約束事を定めている。毎年同じまたは類似した問題が出題されるので、問題重視型の学習方法で勉強を進める。

旅行業法は、旅行業を営むための条件旅行者と取引をするときの約束事を定めている。毎年同じまたは類似した問題が出題されるので、問題重視型の学習方法で勉強を進める。

国内旅行実務は、第1章 JR運賃・料金第2章 国内航空運賃・料金、宿泊料金、貸切バス・フェリーの運賃・料金第3章 国内の観光資源からなる。試験対策「出題範囲が特定しにくい」「運賃・計算のルールが複雑」など得点しにくい分野。「貸切バス運賃・料金」の出題が増加傾向にある。、理論先行型の学習方法で勉強を進める。

トップへ戻る