標準旅行業約款

標準旅行業約款は、第一章~第二章まで構成され、企画旅行計画(募集、受注)から約8割・20問程度の出題がされます。

 

本日の予定

本日は、問題重視柄の「LESSSON2 企画旅行契約の締結 2回目」の復習をします。

 

テキストの本文と、欄外の補足事項も読んで、正しく理解するために読む。確認テストと過去問題も行う。

 

本日のポイント

 

基本的に、テキストレベルの問題が出題されます。

 

下記事項を押さえておく。

契約の成立には、原則、契約の締結と申込金を受理したとき。

通信契約の場合は、契約の締結を承諾する旨の通知を発したとき、または、到達したとき。金銭を受領したときは要素にない。
書面には、企画書面(受注型のみ)、契約書面、確定書面がある。
確定書面の交付時期について覚える。
旅行契約成立日は何に影響を与えるのかを確認する。
予約の承諾の胸の通知をした後、旅行業者が定める期間内に旅行業者に申込書と申込金をていしゅつしたときに予約の効果が生じる。
予約の承諾の胸の通知をした後、申込金の提出がないときは、予約がなかったものとして扱われる(契約不成立)。

 

テキスト本文を正確に覚えれば、確認テストはクリアできそうです。

 

年、日、円に関することを、しっかりと覚えて得点アップを狙いましょう。

トップへ戻る