旅行業法の概要を把握する。

旅行業法は、第一章~第五章まで、全83条からなります。

 

本日の予定

本日は、問題重視柄の「LESSSON7 取引条件の説明・書面の交付」の勉強をします。

 

LESSON5からLESSON8までは、旅行業者等に関するについての解説
LESSON11は、旅行サービス手配業者に関する解説

 

テキストの本文と、欄外の補足事項も読んで、正しく理解するために読む。確認テストと過去問題も行う。

  • 分からない箇所はレ点等をつけてチェックする。
  • 理解が難しい箇所を自分の表現でまとめる作業を行う。

本日の感想

本日は、「LESSSON7 取引条件の説明・書面の交付」67ページから74ページまで、8ページ進みました。

 

基本的に、テキスト本文レベルの問題が出題されます。

 

下記事項を押さえておく。

旅行業者等は、旅行者と企画旅行契約を締結する場合にあっては、旅程管理業務を行う者の同行の湯無を書面に記載いしなければならない。(募集企画旅行の募集広告の表示事項で、取引条件の説明書面の記載事項ではない。)

企画旅行の取引条件説明事項、契約書面記載事項
・企画旅行において、運送のサービスが含まれる場合は、旅行者が所得することが望ましい輸送の安全に関する情報
・旅行の目的地を勘案して旅行者が取得することが望ましい輸送の安全に関する情報
・旅行に参加する資格を定める場合にあっては、その旨及び当該資格

企画旅行と企画旅行以外の契約書面記載事項
・契約締結の年月日

テキスト本文を正確に覚えれば、確認テストはクリアできそうです。

トップへ戻る