旅行業法の概要を把握する。

旅行業法は、第一章~第五章まで、全83条からなります。

 

本日の予定

本日は、問題重視柄の「LESSON1」の2回目の勉強をします。

 

テキストの本文と、欄外の補足事項も読んで、正しく理解するために読む。確認テストと過去問題も行う。

  • 分からない箇所はレ点等をつけてチェックする。
  • 理解が難しい箇所を自分の表現でまとめる作業を行う。

本日の感想

本日は、「LESSON1 旅行業法の基礎知識」 の復習です。

 

基本的に、テキスト本文レベルの問題が出題されます。

 

下記事項を押さえておく。

受託旅行業者代理業者とはどのような契約で成立するかを把握しおく。
受託契約は旅行業者と他の旅行業者の間で結ばれるもので、旅行業者代理業者は、自らが、受託契約を締結することができない(14条の2、詳細はP83)

テキスト本文を正確に覚えれば、確認テストと過去問はクリアできそうです。

トップへ戻る