旅行業法の概要を把握する。

旅行業法は、第一章~第五章まで、全83条からなります。

 

本日の予定

本日は、問題重視柄の「旅行業務の取扱いの料金・旅行業務約款・標識」の勉強をします。

 

テキストの本文を読んで全体のイメージを把握してから、テキストの問題を読んで、全体のイメージを把握したいと思います、

 

本日の感想

本日は、「旅行業務の取扱いの料金・旅行業務約款・標識」59ページから66ページまで、8ページ進みました。

 

なかなか、進まず、骨が折れます。

 

ブログを纏めながらの作業は、結構、大変な作業になります。

 

基本的に、テキスト本文レベルの問題が出題されます。

 

下記事項を押さえておく。

 旅行業者は、事業の開始前に、旅行者から収受する旅行業務の取扱いの料金(企画旅行に係るものを除く。)を定め、これをその営業所において旅行者に見やすいように掲示閲覧ではない)しなければならない。これを変更するときも、同様とする。
旅行業者等は、旅行業約款をその営業所において、旅行者が見やすいように掲示、または、閲覧できるように備え置かなければならない。

 

テキスト本文を正確に覚えれば、確認テストはクリアできそうです。

トップへ戻る