旅行業法の概要を把握する。

旅行業法は、第一章~第五章まで、全83条からなります。

 

本日の予定

本日は、問題重視柄の営業保証金の勉強をします。

 

テキストの本文を読んで全体のイメージを把握してから、テキストの問題を読んで、全体のイメージを把握したいと思います、

 

本日の感想

本日は、「営業保証金」46ジから51ページまで、6ページ進みました。

 

基本的に、テキスト本文レベルの問題が出題されます。

 

テキストに根拠条文が書いてないので、条文での確認がしにくいです。

 

下記事項を押さえておく。

 

  • 営業保証金の供託はなぜ必要なのか?
  • 営業保証金と弁済業務保証金分担金の関係。
  • 営業保証金の追加の供託と取戻しできる場合。

 

テキスト本文を正確に覚えれば、確認テストはクリアできそうです。

トップへ戻る