旅行業法の概要を把握する。

旅行業法は、第一章~第五章まで、全83条からなります。

 

本日の予定

本日は、問題重視柄の登録制度①の勉強をします。

 

テキストの本文を読んで全体のイメージを把握してから、テキストの問題を読んで、全体のイメージを把握したいと思います、

 

本日の感想

本日は、「登録制度①」32ページから37ページまで、6ページ進みました。

 

基本的に、条文レベルの問題が出題されます。

 

下記事項を押さえておく。

  • 旅行業等は、第一節 旅行業及び旅行業者代理業をいう。
  • 旅行業等には、旅行サービス手配業者は含まれない。
  • 営業保証金は、旅行業協会に加入している場合1/5になり、その金額を弁済業務保証金分担金という。
  • 基準資産額=総資産-(負債の総額+営業保証金または弁済業務保証金分担金)

 

テキスト本文を正確に覚えれば、確認テストはクリアできそうです。

トップへ戻る