旅行業法基礎知識(学習のポイント)

旅行業法には、下記6つの目的があります。

これらの目的は、旅行が無形な商品でありながら、契約によっては高額な商品となるため、旅行業を営むものを登録制にし、旅行者との契約を遵守させ、旅行者の保護をするために設けられています。

 

  1. 登録制度を実施
  2. 旅行業等を営む者の業務の適正な運営を確保
  3. 旅行業等を営む者の組織する団体の適正な活動を促進
  4. 旅行業務に関する取引の公正の維持
  5. 旅行の安全の確保
  6. 旅行者の利便の増進

 

旅行業法の概要を把握する。

旅行業法は、第一章~第五章まで、全83条からなります。

 

本日の予定

条文数だけでみると、あまり多くなさそうな印象です。

 

テキストは、19ページから108ページです。

 

テキストの本文を読んで全体のイメージを把握してから、テキストの問題を読んで、全体のイメージを把握したいと思います、

 

第一章
総則(第一条・第二条)
第二章
旅行業等
第一節
旅行業及び旅行業者代理業(第三条―第二十二条)
第二節
旅行サービス手配業(第二十三条―第四十条)
第三章
旅行業協会(第四十一条―第六十三条)
第四章
雑則(第六十四条―第七十三条)
第五章
罰則(第七十四条―第八十三条)

 

本日の感想

本日は、「旅行業法の基礎知識」19ページから31ページまで、13ページ進みました。

 

用語の定義をしっかりと把握して、
旅行者、
旅行業者、
旅行サービス提供者、
旅行業者代理業者、
旅行サービス手配業者
の違いを正確に覚えれば、確認テストはクリアできそうです。

 

このブログを纏めながら、進めたので少し作業が難航しました。

トップへ戻る