まとめたいこと一覧

LESSON1

 

LESSON2 企画旅行契約の締結
通常の契約と通信契約とでは、申込みの方法契約の成立時期等について、異なる規定がある。

 

(電話等による予約)
第六条 当社は、電話、郵便、ファクシミリ、インターネットその他の通信手段による募集型企画旅行契約の予約を受け付けます。この場合、予約の時点では契約は成立しておらず、旅行者は、当社が予約の承諾の旨を通知した後、当社が定める期間内に、前条第一項又は第二項の定めるところにより、当社に申込書と申込金を提出又は会員番号等を通知しなければなりません。
2 前項の定めるところにより申込書と申込金の提出があったとき又は会員番号等の通知があったときは、募集型企画旅行契約の締結の順位は、当該予約の受付の順位によることとなります。

 

(契約の成立時期)

通信契約でない場合は、8条1項のとき、契約が成立する。

 

通信契約の場合は、電話で旅行者に通知したとき、郵便を投稿したときに契約が成立する。

 

また、通信契約の場合は、留守番電話で録音がなされたときk、旅行者の使用する電子メールサーバが受信を完了したとき契約が成立する。

 

第八条 募集型企画旅行契約は、当社が契約の締結を承諾し、第五条第一項の申込金を受理した時に成立するものとします。
通信契約は、前項の規定にかかわらず、当社が契約の締結を承諾する旨の通知が旅行者に到達した時に成立するものとします。

 

LESSSON2 企画旅行契約」の締結

契約の成立には、原則、契約の締結と申込金を受理したとき。

通信契約の場合は、契約の締結を承諾する旨の通知を発したとき、または、到達したとき。金銭を受領したときは要素にない。
書面には、企画書面(受注型のみ)、契約書面、確定書面がある。
確定書面の交付時期について覚える。
旅行契約成立日は何に影響を与えるのかを確認する。
予約の承諾の胸の通知をした後、旅行業者が定める期間内に旅行業者に申込書と申込金をていしゅつしたときに予約の効果が生じる。
予約の承諾の胸の通知をした後、申込金の提出がないときは、予約がなかったものとして扱われる(契約不成立)。

 

LESSON3 企画旅行契約の変更

著しい経済情勢の変化等により、募集型企画旅行の募集の際に明示した時点において有効なものとして公示されている適用運賃・料金に比べて、通常想定される程度を大幅に超えて増額又は減額される場合においては、当社は、その増額又は減額される金額の範囲内で旅行代金の額を増加し、又は減少することができます。
2 当社は、前項の定めるところにより旅行代金を増額するときは、旅行開始日の前日から起算してさかのぼって十五日目に当たる日より前に旅行者にその旨を通知します。

 

旅行業者の承諾を求めようとするときは、旅行業者の所定の用紙に所定の事項を記入の上、所定の金額の手数料と共に、旅行業者に提出しなければならない。

契約上の地位の譲渡は、旅行業者の承諾があったときに効力を生じる。

 

LESSON4 企画旅行契約の解除

最小催行人員に達しなかったときのみ、旅行者に通知の期限がある。

旅行業務によって契約内容が変更されたとき、契約解除による取消料が不要。
例:大雪が降って、日程変更されたとき。

 

旅行代金の払い戻し期限
旅行開始前の解除 解除の翌日から7日以内
旅行開始後の解除・旅行代金の減額 契約書面に記載した旅行終了日の翌日から起算して30日以内

 

LESSSON5 旅程管理・責任

旅行業者への通知期限と賠償限度額を覚える。

 

LESSSON6 旅程保証

故意・過失による損害賠償が発生するときは、変更保証金は支払われない。

 

変更保証金が支払われるときは、「変更の内容」と、「変更の原因」で判断される。

 

変更保証金は、旅行終了日翌日から30日以内に、必ず支払われなければならない。

 

乗り継ぎ便の変更は、本邦外での変更の場合に、変更保証金が支払われる。
本邦内の乗り継ぎ便の場合は、支払われない。

 

運送機関は等級や設備がよいものになったときは変更保証金を支払わなくてよい。
宿泊施設に関しては、等級や設備がよいものになったときでも変更保証金を支払う。

 

LESSSON7 特別保証規程

治療、入院費は、特別保証規程の対象ではない。

 

旅行業者が支払うべき損害賠償金の額の限度において、旅行業者が支払うべき特別保証規程に基づく保証金は、当該損害賠償金とみなされる(27条2項)。

 

身の回り品の損害に対して保険金を支払うべき保険契約がある場合は、当社は、当社が支払うべき損害補償金の額を減額することがあります。
身体・生命については損害補償金の額を減額することの規定はない。

トップへ戻る