本州3社と3島を連続して乗車する場合

学習ポイント

  • JR本州3社とJR3島を連続して乗車する場合、全区間の通し運賃(基準額)の他に加算額加算額表C]が必要。。
  • 距離を通算して一括で運賃を計算する場合と、距離の通算ができずに、区間を分けて運賃を計算する場合の違いを確認する。
  • JR の間に私鉄などを経由する場合(通貨連絡運輸)の運賃計算を理解する。

 

本州と北海道、四国、九州の境界駅

境界駅(①-⑤)から(まで)のJR北海道、四国内、九州内の乗車距離に応じた「本州3社の運賃との差額(加算額)」を求め、基準額に加算する。

 

境界駅(①-⑤)は、試験問題で示されないので、覚えておく。

 

JR東日本 - ①新青森駅 - JR北海道
LESSON2 JR運賃の計算②

 

JR西日本 - ②児島駅 - JR四国
LESSON2 JR運賃の計算②

 

JR西日本 - ③下関駅 - JR九州
LESSON2 JR運賃の計算②

 

JR西日本 - ④小倉駅 - JR九州
LESSON2 JR運賃の計算②

 

JR西日本 - ⑤博多駅 - JR九州
LESSON2 JR運賃の計算②

 

各境界駅からの加算額を基本額に加えて、運賃を算出する。

 

営業キロの通算と打ち切り

営業キロ等の通算の原則

  • 行程が方道で連続している限り、営業キロ等を通算して運賃を算出する。

 

営業キロ打ち切りの原則

  • 行程の全部または一部が往復となる場合、折り返しとなる地点で打ち切る。
  • 行程が一周し、さらに超えて乗車する場合、経路が閉じた地点で打ち切る。

通貨連絡運輸

特に、覚えることはない。

 

問題の注意書きに「通貨連絡運輸(JRとJRの中間にある私鉄 JR以外の運送機関)」の記載があるが注意する。

トップへ戻る